7月23日(日) マナーズサウンドミュージックコンサートが開催されました

投稿日: カテゴリー: お知らせ

7月23日(日) 汐留ホールに於いて、
マナーズサウンドミュージックコンサートが開催されました。

当日は開場前に、にわか雨が降りましたが、
多くのお客様にお集まり頂き、ホールのお席はほぼ満席!!
熱気が高まるなか、コンサートがスタートしました。

第一部は、協会代表理事・サイマティクスドクター平田小百合が、
映像を交えながら、本日のテーマである「H・ファクター」や、
各奏者が合わせるマナーズサウンドがどんな音なのか、詳しく解説致しました。

第二部のスタートは、出口美樹子さんのピアノとマナーズサウンドのコラボから。
バッハ、ショパン、モーツァルト等、おなじみのクラシックの美しい音色と共に、
マナーズサウンドの振動が心地よく感じられました。

続いて、田村美和子さんのクリスタルボウルとマナーズサウンドのコラボです。
マナーズサウンドとクリスタルボウルの音=振動が共鳴して、ホール全体が、
異空間のように感じられるひと時を味わうことができました。
フロアからもその振動が全身に伝わってきて、
「その場にいるだけで、手先、足先がビリビリしました。」
といったようなお客さまのお声も頂きました。
リラックスして、ウトウトされている方もおみかけ致しました。

ラストを飾るのは、KABUTOさん。美和子さんのクリスタルボウルの演奏終盤に、
KABUTOさんのシンセサイザーが自然にジョイントしてきます。
クリスタルボウルの余韻を残しつつ、バトンタッチ。
一転、シンセサイザーの神秘的な音色がマナーズサウンドとコラボして、
まるで、宇宙空間を漂っているような感覚に。

コンサートの最後は、ピアノ、クリスタルボウル、シンセサイザーの演奏をバックに
「ふるさと」を全員で合唱しました。合わせるマナーズサウンドは、「愛」の音。
これは、マナーズサウンドコンサートでは初の試みです。
マナーズ博士によると、お一人お一人が声を出すことは、
その方の「H・ファクター(個人的魅力)」をより輝かせるために効果的な方法の1つということです。
会場にたくさんの花が開いて、愛に満たされていくような素敵な時間でした。

ご来場頂きました皆様に心より、御礼申し上げます。
コンサートを盛況に終えることができたのも、ひとえに皆様のおかげです。
今後とも、一般社団法人日本マナーズサウンド協会をどうぞよろしくお願い致します。